油の種類による使用感の違い

洗剤と一口に言っても、その使用感は様々です。

特に肌に直接使うものに関してはこだわりのある方も多いでしょう。

自分で無添加の洗剤を作る際には、好みの洗剤が仕上がるように工夫してみてはいかがでしょうか。

無添加の洗剤を作る際には、油を利用します。

この油の種類を変えるだけで、洗剤の使用感を変化させることができるのです。

洗剤といえば泡にこだわるという方が多いでしょう。

泡立ちに定評があり汚れを落とす作用も強いと言われているのが、ココナッツ油です。

無添加の洗剤を作る際にこのココナッツ油を使用する方は多いと言われていますが、洗浄力が強い油は刺激も強いので量を調整して使うようにしましょう。

粒子の細かい泡にこだわる方には、椿油やオリーブオイルがオススメです。

伸びのある優しい泡ができるので、心地よい使用感を得ることができるでしょう。

このほかコーン油やピュアオリーブオリーブオイル、グレープシードオイルも泡立ちが良いと言われます。

【おすすめサイト】