石鹸と合成洗剤の違い

無添加洗剤に興味のある方はご存じかも知れませんが、石鹸は脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウムという界面活性剤で出来ており、合成洗剤は合成界面活性剤で出来ています。

界面活性剤と合成界面活性剤は、名前だけ聞くと同じもののように感じますがぜんぜん違います。

合成洗剤には酵素や蛍光増白剤といった添加物が含まれます。

酵素は汚れを分解する効果が強く、蛍光増白剤は黄ばんだものを白くする作用があります。

酵素は合成洗剤の全てに配合されますし、蛍光増白剤が含まれた洗剤には蛍光剤配合と記載されています。

これらは安全性に支障ないとされていますが、一方では手荒れなどのトラブルも発生しています。

手荒れなどの肌トラブルが気になる方はこのような成分に着目して、無添加のものを利用すると良いでしょう。